FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSRご担当者の方は是非ご覧ください!

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)という言葉をご存じですか、
カラーユニバーサルデザインとも言います。


CSRですから報告書も当然環境に配慮されていると思います、
表紙裏には森林認証やSOYインキ、ノンVOCなど環境配慮のマークがいくつも付いています。

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)とは、
高齢者や色覚障がい者をはじめとする障がい者に配慮した、
印刷物やホームページ、サインのことです。



高齢になると白内障になりやすく、
白内障は水晶体が濁るために一般の方とは違った色の見え方がします。
65歳以上の高齢者は約2,900万人です。


また、色覚障がい者は以前、
色盲・色弱と言われていた方々で、
赤や緑を識別しにくくこれも一般の方とは違った色の見え方がします。
日本人の約320万人が色覚障がい者です。



弱視の方は当然、
文字を大きくしないと見えませんし、
視覚障がい者には印刷物やホームページでも
音声による案内が必要となってきます。


現在はSPコードなど文字データを
音声に変換するソフトやハードも充実しています。
約100万が弱視者で視覚障がい者は31万人です。



これらの方にも理解できるCSRレポートを心掛けるために、
メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)を利用して下さい。



ホームページはこちらから
スポンサーサイト

意図を多くの人にわかってもらおう

ユニバーサルデザインの考え方の一つに、
リテラシー(Literacy)という言葉があります、
日本語では意図の伝わりやすさという意味です。


内容がよりわかりやすいものになるように表現や構成に工夫を行いましょう、
外国人や子どもにも理解できるような配慮をしましょうと言うことです。

具体的には、次のような項目が挙げられます。
1、 難しい漢字を使っていませんか?
2、 難しい漢字にはふりがなをつけていますか?
3、 難しい用語を使っていませんか?
4、 本来の意味と異なるカタカナ用語を使っていませんか?
5、 外国人の方にはわからない場合があります。
6、 日本語以外の外国語も表記していますか(多言語表記していますか)?
7、 イラストや写真を効果的に使っていますか?
8、 ピクトグラムで表示していますか?
 以上のようなことに配慮をすれば多くの方に理解をして頂けます、
危険などを知らせるだけでなく、
商品の内容も理解していただけるので購買層も広がります。


ホームページはこちらから

作り手と顧客のかい離―印刷物に対するある自治体の調査

商品やサービスを理解して戴くために様々な工夫を凝らして
カタログ・チラシ・パンフレット・DM などの印刷物を作成しています。


限られた紙面で作成するために文字量が多くなり
文字がどんどん小さくなってくる傾向にあります。


ある自治体の調査では、
印刷物に対する以下のような不満が寄せられています。

【文字・レイアウトに関しての調査】
1文字が小さい
2文字の量が多い
3字間が狭く余白が少ない
4影付き文字・網掛け文字が読みにくい

【色に関する調査】
 1強調したい個所が分らない
 2配色が悪い
 3色が多い
 4見分けにくい色がある

【文章に関する調査】
 1表現が複雑・かたい
 2専門用語が難しい
 3文章が長い
 4図・表・グラフが分かりにくい

【読みにくい印刷物】
 1新聞
 2折り込みの求人広告
 3住宅チラシ
 4パソコンなどのマニュアル


その他に、カタカナ語が分らない
法定されている無駄な注意書き
回りくどい表現
色が薄いなどがあります。



作り手が情報を正確に伝えよういう思いが逆に、
文字量を多くしたり色が複雑になったりカタカナ語表現を使ったり
とどんどん顧客の気持ちから離れて行っていることがよくわかります。


新聞などは最近文字を大きくして読者に配慮するようになってきました、
超高齢者社会がすぐそこまで来ています。

高齢者に配慮することが購買や売上増に繋がることは間違いありません、
色覚障がい者(320万人)
弱視者(100万人)
訪日在留外国人(620万人)にも配慮が必要です。



少しの配慮が多くの集客に繋がることをお忘れなく。


ホームページはこちらから

障害の害は間違い!

「障害」は正しくは「障礙」・「障碍」と表記します、
「障害」という表記では本来の意味を成しません。


「害」という文字の正しい意味は、
悪い結果を及ぼす物事です。
「碍」にはさまたげる、
進行を邪魔して止めるという意味があります。

また、「礙」は「碍」の俗語です。


以前は「障礙」・「障碍」という表記でしたが
文字が読めないということからいつの間にか
「障害」という表記にかわりました。


自治体などでは害を平仮名にして
「障がい」という表記にしているところもありますが
本来の意味を分かっているのでしょうか。


チラシやカタログで何気なく使っている言葉が
知らないうちに人を傷つけたり、
お客様の気持ちを踏みにじったりしていることがあります。


集客に力を入れることは当たり前ですが、
不特定多数の方に届くチラシやカタログ、
ホームページではそういう方も多くいらっしゃることを意識するのも大切です。



ホームページはこちらから

E→Uの時代へ

今年は環境サミットが開催され益々ECOに対する意識が高まり、
企業や個人が環境問題に取り組むことが当り前の世の中になっています。

特に企業の場合は環境問題に取り組むことが社会貢献と思われていましたが、
今後は取り組んでいないと社会から排除される傾向にあります。


そこで、ECO(環境)の次に起こる社会現象が
Universal Design(ユニバーサルデザイン)や
Ubiquitous(ユビキタス)でしょう。



ユニバーサルデザインは
「あらゆる体格、能力、年齢、障がいの有無にかかわらず、
だれもが利用できる製品・環境・サービスを創造する」という考え方です。

また、ユビキタスとは
「いつでも・どこでも・だれでもが恩恵を受けることができるインターフェース環境技術」
という考え方です。



現在では、何気なく使っている製品の中にも
ユニバーサルデザインの概念が入っているものも沢山あります。


ライターもそのひとつです、
これは戦争で片腕を失くした人が
片手で煙草に火を着けられるようにと考え出されました。


他にも温水洗浄便座や斜めドラム式洗濯機などは供用品として広く社会に浸透しています。
 
ECO(環境)から
Universal Design(ユニバーサルデザイン)や
Ubiquitous(ユビキタス)の時代がそこまで来ています。


これからは障がい者も健常者も共生できる社会にする為にも
早くユニバーサルデザインやユビキタスに取り組むことが大切であり、
これこそが社会貢献だと思います。



ホームページはこちらから
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。