FC2ブログ

おとなの遠足 その②

2軒目は三重県名張の赤目にある
蔵元「瀧自慢」です。


酒蔵に行くのは初めてでした。

昔使っていた道具を展示してあるところで
お酒が出来るまでの工程や
道具の使い方を教えて戴きました。

現在は近代的な工場になっていますが、
それでもとても管理の厳しい環境でないと
おいしいお酒が出来ないことがよくわかりました。


すべてが手造りで経験と感覚で造っていた昔は
とても大変だったことをうかがい知ることが出来ました。


搾りたての原酒はとてもまろやかで
香りが良かったです。

また驚いたのが搾る前の若いお酒で、
まだ荒々しさは残っていますが、
力強さを感じるお酒でした。


それまで知らなかったのですが、
蔵元と杜氏さんの関係です。

労使関係にあるのかなと思っていましたが、
全く違うものでした。

杜氏さんは一匹狼で
蔵元が職人さんを雇っているのかなと思っていましたが、
杜氏さんが職人さんを連れて蔵元に入るそうです。


蔵元は酒造りの一切を杜氏さんに任せるそうで、
お互いの信頼関係は凄さを感じました。




ホームページはこちら
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード